« パネルの制作 | トップページ | 図書館のイベント »

2016年9月29日 (木)

よりぬき長谷川町子展

 板橋区立美術館で開催中の「よりぬき長谷川町子展」を見に行った。この美術館は、交通のアクセスがやや不便だが、ユニークな企画、展示で定評がある。今回は、サザエさん生誕70年を記念して、作者(1920~1992)の生涯と作品の魅力を、存分に伝えている。 

 まず驚いたのが、14歳のときの作品。亡き父の俳句に町子が絵を添えたもので、例えば「舞扇猿の涙のかかるなり」に、正月の猿回しと観客の一コマを描く。その猿の表情が何とも複雑で、これを14歳で描いたとは、並大抵の才能ではない。
 村岡花子の「ヘンゼルとグレーテル」(「國民五年生」の雑誌)に描いた挿絵は洋画家のタッチ。漫画家として独り立ちの手応えを得たという「ヒィフゥみよチャン」(國民新聞に連載)は、本人がきれいに切り抜いてスクラップしたものが展示されていた。
 「サザエさん」の単行本の表紙原画がずらりと並べてあったのも見ごたえがあった。デザインにどんどん新しさが取り入れられ、挑戦を感じた。晩年の「サザエさんうちあけ話」で、縦書きの文章の中で、単語を絵に置き換え、ルビのように言葉を添えているのが、現代の絵文字・顔文字入りメール文の先駆けのようでおもしろかった。09291
 スタッフの方々もテーマカラーの黄色いTシャツを着込み、会場はともかく明るく、楽しい。09292

« パネルの制作 | トップページ | 図書館のイベント »

見たこと聞いたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601761/64276657

この記事へのトラックバック一覧です: よりぬき長谷川町子展 :

« パネルの制作 | トップページ | 図書館のイベント »