« 続・足利フラワーパーク | トップページ | 公演のチラシ出来! »

2017年4月28日 (金)

『蜜蜂と遠雷』

 恩田陸の話題作『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)を読んだ。舞台は国際ピアノコンクール、第一次予選で90余人が24人に、二次で12人に、三次で6人に減らされ、そしてその6人が本選に挑む数日間の物語。目次もそのように章立てされていたので、私も一日にコンクールの一日分(約100頁)ずつ、読み進めた。それだけでも贅沢な臨場感を伴う読書だったが、書物を読むというより、活字から音楽が聞こえてくるようで、言葉でこんなことも表せるんだ、計り知れない力を持っているんだ…と思わされて、感動した。

0428
 中でも私が好きなのは、第二次予選で、書き下ろしの新曲「春と修羅」をコンテスタントたちが自分の解釈で弾く場面。高島明石は「あめゆじゅとてちてけんじゃ」(宮澤賢治の「永訣の朝」より死にゆく妹の言葉)をモチーフにする。マサルは宇宙の静寂と広がりを、風間塵は自然の猛威と驚異を、栄伝亜夜は塵に応えるかのように命を育くむ大地の安堵を奏でる。ピアニストの感性、イメージする力、世界観…そしてそれを著す作者の筆力に、ぞくぞくせずにはいられなかった。心地よい読書体験だった。

« 続・足利フラワーパーク | トップページ | 公演のチラシ出来! »

BOOKS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601761/65209456

この記事へのトラックバック一覧です: 『蜜蜂と遠雷』:

« 続・足利フラワーパーク | トップページ | 公演のチラシ出来! »