« 痛々しい熊本城 | トップページ | 唐津の誇り »

2018年1月 9日 (火)

はての島・平戸

 熊本から佐賀県唐津へ移動。寒波襲来、朝には雪もちらつき、九州がこんなに寒いとは思い及ばなかった。また、伊万里の焼き物関係の施設や唐津の有名レストランなど、連休明けの今日は休みになっている店が多かった。年末年始、休日返上で仕事をしていた人々が、ようやく骨休めできるのが今日だったのだろう。
 レンタカーで長崎へ向かい、平戸大橋(写真)を渡って、鎖国時代の貿易港フィランド(平戸)へ足を伸ばした。01091

 光明寺、瑞雲寺などの寺院に重なるように、カトリック教会の天主堂の尖塔が見え、その名も「寺院と教会の見える風景」と観光地図に記されているスポット(写真下)。異国情緒、和洋混在の町である。

01093

 オランダ公園、オランダ井戸、オランダ塀(写真下)がある。01094
 かと思うと、道を1本入れば下の写真のように、古い日本の町並みがあり、まだお正月気分である。01092

 

« 痛々しい熊本城 | トップページ | 唐津の誇り »

見たこと聞いたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601761/66260092

この記事へのトラックバック一覧です: はての島・平戸:

« 痛々しい熊本城 | トップページ | 唐津の誇り »