« はての島・平戸 | トップページ | 厳寒の門司 »

2018年1月10日 (水)

唐津の誇り

 雨模様の今日は、唐津駅近辺の屋根のある場所を散策した。一つめは唐津神社に隣にある曳山展示場。唐津くんち(11月2~4日)の14台の曳山の実物が、獅子、鳳凰など縁起物から、義経、信玄、謙信などの武将までずらりと並び、壮観である。(写真の左の壁には上映中の祭のビデオ画面が映り込んでいる)

01105 「くんちとは祭、〝供日(くにち)〟のことです。一番人気は鯛ですね、可愛くてお子さんにもわかりやすくて。鯛は魚屋さんの町の曳山で、酒呑童子は酒屋さんの曳山です(笑)」受付の若い女性がハキハキと嬉しそうに説明してくれた。

01104  二つめは唐津焼。近くの伊万里や有田は華やかな磁器があるが、唐津は粗い土をこね、灰色の地色に墨一色で絵を描くものが典型だとか。「朝鮮唐津」のジャンルもあり、これは黒い光沢の釉薬が美しい。そのぐい呑みを二つ、記念に買った。

01102  三つめ、旧唐津銀行(佐賀銀行)の建物。東京駅を設計した建築家・辰野金吾は唐津出身。石炭で栄えた故郷に、その弟子が上質な欧風建築を残した。

01106

 地下はレストランになっていて、とびきりのフランス料理が味わえる。焼き立てのフォカッチャも美味しかった。01103

 

« はての島・平戸 | トップページ | 厳寒の門司 »

見たこと聞いたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601761/66263953

この記事へのトラックバック一覧です: 唐津の誇り:

« はての島・平戸 | トップページ | 厳寒の門司 »