見たこと聞いたこと

2017年5月21日 (日)

自転車レースin高崎

 朝から太鼓がドンドン鳴っている。近くの小学校の運動会かと思ったら、市を上げての「第5回榛名山ヒルクライム」のイベントだった。高崎市郊外の榛名支所から榛名湖まで、交通規制の敷かれた県道を、次々と銀輪が駆け抜ける。
 榛名湖コース(走行距離14.7km 平均勾配6.0%)、その手前の榛名神社コース(11.4km 5.2%)、さらに手前の一之鳥居までの初心者コース(6.5km 4.6%)の3通り。中学生からシニアまで7000人規模のレースで、朝7時にスタート、13時過ぎに全員が下山し終わるという。
05211

 私が声援を送ったのは、スタートから4kmほどの地点。沿道から「がんばれ!」と声をかけると余裕のあるアスリートは、「ハァーイ」「ありがと~」などと返事をくれる。
 ここでは「上州榛名太鼓」の皆さんが威勢のいい太鼓を打ち鳴らして応援していた。こちらにも拍手をおくりたい。
05212
 後から記録を見ると、男性トップは40分足らず、女性は50分ちょっとでゴールインしたとか! 標高200mのスタートから1100mのゴールまで、あの勾配を時速20kmでこぎつづけるとは!

2017年5月14日 (日)

母の日の芍薬

 数日前、息子夫婦から母の日の花束が届いた。今年は芍薬である。立派な蕾がついていて、花の開くプロセスが見られると楽しみだった。
05141
 二日経って今日の芍薬はこうなった。ここ数日、気温が低いからゆっくり開花してくれているのだろう。数多の花弁が少うしずつほころんで、朝に夕に顔立ちを変えている。薔薇ともカーネーションとも違う、新しい、嬉しいプレゼントだった。ありがとう。

0514_2

 母上のおられない方、母と呼んでくれるお子さんのおられない方もいらっしゃるだろう。五月のこの日、どの方にも幸がありますようにとお祈りいたします。

2017年5月 7日 (日)

「絵巻マニア列伝」

 六本木のサントリー美術館で開かれている「絵巻マニア列伝」(3/29~5/14)を見に行った。後白河院、花園院、後崇光院・後花園院父子、三条西実隆、足利将軍家、松平定信という「絵巻マニア」毎に章立てし、その愛した作品を陳列してある。連休最後の日だったせいか、あまり混雑もなく、ゆっくりと見ることができた。
 絵師草紙、福富草紙などコミカルなお伽話や、当麻寺縁起絵巻、石山寺縁起絵巻など壮大な歴史ストーリーの数々。絵巻はコマ割なくひと続きで、時と場所が変わっても絵として自然につながっているのが面白い。当時の貴族や庶民の暮らしが生き生きと描かれ、例えば牛車の従者12人が一人として同じでなく、服の乱れを直したり、まわりにちょっかいを出したり、表情も姿勢も見ていて飽きない。海彦&山彦、織姫&牽牛などの話のもとになった絵巻もあり、自分の知っている話との違いも興味深かった。
0507
 貴重な作品の保存、復元などに対して歴史上の絵巻愛好家たちが精力を注いでくれたお陰で、今日展示され、目にすることができる。ユニークな視点、切り口の展覧会だった。

2017年4月25日 (火)

続・足利フラワーパーク

 昨日の続きで写真を紹介する。フラワーパークの名のごとく、藤以外にもツツジ、バラのコーナーも充実、水上花壇、フラワーステージなど、見せ方がうまい。園芸種ばかりでなく野草も豊富、いつの季節も花好きにはたまらない場所になっている。
04251

 藤を上下ひっくり返したような花があった。ルピナスという。ショップで販売もされていたから、このパークの名物に違いない。
04252
 下の写真は夫が撮った傑作! 花のある所ミツバチあり、これは熊蜂で、黒豆をつなげたくらい大きく、コロコロと可愛い。羽音も大きいが、ヒトにかまっている暇はないらしく、蜜集めと恋の相手探しに忙しい。花園に欠かせないキャラクターのナイスショット♪
04253

2017年4月24日 (月)

足利フラワーパーク

 群馬の家から車で2時間、話題の足利フラワーパークに行った。4月下旬から大藤の見頃、と広告にあったから、大型連休前の平日をねらったのだが、まだ1~2分咲き。それでも駐車場は埋まり、団体客が次々に訪れ、かなりの人出だった。CNN「世界の夢の旅行先10カ所」また「日本夜景遺産」にも選ばれて人気上昇、藤の満開時の混雑は如何ばかりかと気が揉める。

04241

 藤というのは、つるの仕立て方次第で、棚状、トンネル状、ドーム状、スクリーン状などいろいろな演出ができる。色は紫の濃淡だけでなく、うす紅、白、黄色があり、開花時期をずらしてある。どこを見ても、庭師さんの腕に感服である。04242
 これは一番の見どころ、樹齢150年の大藤。左奥に見えている大藤と2本で1000平方mを占めるという。これが花をつけたらさぞやと思うが、実際は人だかりに遮られて向こうの藤棚までは見通せないだろう。想像力をたくましくして、今見える光景から満開時の錦絵を脳裏に描いた。

04233

2017年4月14日 (金)

美しい書

 有楽町朝日ギャラリーへ、小林ミリ門下書展を見に行った。幼少時から半世紀以上、途切れることなく書に取り組んでいる友人S子さんが2点、出品している。
 規格のある公募展と違って、軸、色紙、短冊…等々、紙の色も形も表現方法もいろいろで楽しい。今回印象的だったのは、厚みのある額縁に収められたもの。洋室の壁にも合うモダンな雰囲気があり、台紙の質感、陰影によって表情が変わる。S子さんの1点(写真)もそのタイプで、書は与謝蕪村の「しら梅やわすれ花にも似たる哉」
04141_2
 美しい文字が書けるのが心底うらやましい。「性に合っているんでしょうね、飽きないのよ、書くたびに発見があって」とS子さん。自作の句を筆で書いてみたら?と言われたが、いつか実現するだろうか。

2017年4月 1日 (土)

講演会「中東のいま」

 光が丘図書館で中東情勢について、ジャーナリスト川上泰徳氏による講演会があった(3月21日のブログ参照)。会場を埋め尽くす出席者の方々と共に、迫力あるお話に引き込まれた。以下、その中から深く心に残ったことを記す。
 シリアの内戦が始まって丸6年。死者は30万人以上、そのうち20万人が民間人、その半数以上が空襲によって命を落としており、これは第二次大戦以後最悪の悲惨さである。シリアの人口2000万人のうち、難民は490万人強、国内避難民は760万人。国民の3分の2が自宅を失っている。
 川上氏の母上は1945年6月29日の佐世保空襲(2時間で市民1200人が死亡)を体験された。証言集『火の雨』にはなまなましい無残な記録が綴られているが、これと同じことが今、中東で起きているのである。
0401
 なぜ中東に目を向けるのか。意識を風化させないため。家族を、子供たちを守って必死で生きようとする人々が何を考えるか、生活感覚をもって市民の立場で想像すればわかるはず。日本人はアラブのことを生活習慣も文化も全然違う遠い国と思っているが、アラブの人達は日本のことをよく知っている。かつては軍事国家だった日本が、戦後70年戦争に関わらず、平和な豊かな国になっていることは、アラブの人達の憧れなのである。日本(国家・国民)が成し得ることは、少なからずある。

2017年3月26日 (日)

雨のマラソン

 第三回「練馬こぶしハーフマラソン」の開催日。昨年は好天で桜も五分咲きだったのだが、今日はあいにくの雨模様で気温も真冬並み。10階の自宅からの応援、撮影とした。沿道の応援者は少なかったけれど、窓を開けると声援やそれに応えるランナーの声が聞こえて、それなりにお祭りムードを感じた。
03262_2

 コースの歩道橋を望遠で撮った。この橋は今月初めに修繕が終わったばかり、クッション性の高い路面となって走り心地がよかったことだろう。参加者、スタッフの皆さん、お疲れ様でした~!
03263

2017年3月25日 (土)

お土産 from 日本

 昨日に続いて海外土産の話。息子がジャカルタの友人へ日本からのお土産として用意するのがスターバックスのタンブラーである。ドリンク購入の際にこれを持参すると資源節約の御礼として値段が安くなる、というのが本来の存在価値なのだが、何しろデザインがしょっちゅう更新され、おしゃれで可愛い! とくに春の桜シリーズは日本限定版で、とても人気が高いのだとか。店頭でもすぐに売り切れてしまう。
0325  上の品は、ひと月ほど前に息子からリクエストを受けて夫と私が東奔西走、3月1日の商品切替日に運よく手に入れたもの。

2017年3月24日 (金)

お土産 from ジャカルタ

 インドネシアで仕事をしている息子がお正月以来の一時帰国、渡されたお土産がこれである。赤い箱には〝I Jakarta〟と書かれている。中身は世界で人気のカップヌードルだが、「実にインドネシア風でおもしろい味になっている」のだそうだ。右の「Max Tea」は粉末の紅茶。Foaming Creamerが入っているとか、お湯を注ぐとシュワーッと泡立つ。Sugarたっぷり、異国の味がする。
0324  ちなみに下に敷いてある布もインドネシアの名産品。数年前に息子が持ち帰り、以来居間のサイドボードに広げてある。

より以前の記事一覧